ロールプレーイングは観察者と相談者、カウンセラー役の3人で行なうのが一般的です。


相談者は実際にその役柄を演じることで、カウンセリング場面での相談者の内的な感情を体験することができます。


また、観察者は二人の会話を客観的に観察することで、学ぶことができます。


カウンセラー役は、実際の場面を想定して訓練をしていきます。ロールプレーでは、こうしてそれぞれの役柄を演じることで、カウンセラーの技量を高めていくことができます。