カウンセラーの限界として様々ありますが、


今回は、相談者となり難い対象を取り上げてみます。


まずは、なんといっても家族や親戚です。後に続くのは知人や友人です。 


それとカウンセラーを必要とする認識がない人です。


カウンセラーは、相談者とカウンセラーの関係を作らなければ

対象へ行動活性の援助は困難です。


前述した人間関係は、改めてカウンセラーの顔にはなりにくいですね。

親にカウンセラーの顔をして、何か話せば、「ずいぶん偉くなって、大したものね」


とたしなめられます(笑)。


だから、カウンセラーとしての腕を磨くなら、カウンセラーと相談者としての


人間関係を作ることから始めてください。


ストレスケアカウンセラー資格者として努力と自覚が必要なところです。