カウンセラーは「その考え方はとても大切なことだと思います」と


「支持」をする。


しかし、過剰な支持を用いると相談者はカウンセラーに


褒められたくて、いいクライエントを演じるようになったり、


カウンセリングのハシゴするようになる(ショッピングと呼ぶ)。




傾聴中心のカウンセラーと相談者の関係作りは難しい面が多い。


カウンセラーは、相談者の目標を引き出し、


それを改善するためのプレゼンテーションが必要になる。


単に話を聴くだけでは、行動活性は起きない。




そして、ストレスケアカウンセラーは、リラクセーション状態を


作り出すことから始める。


なぜなら、カウンセリングの目的である行動活性に


直接的に働きかけることができるからである。