昨日は久留米研究所で家族力講座。


永瀬先生のご挨拶の中、東日本大震災で犠牲になった方々へ


参加者全員で黙とうを行ないました。


被災地の一日も早い復興を祈念します。


さて、70名近い方が、これからの家族モデルについて考える機会を得ました。

21世の世界に生きる私たち、そして、家族に必要な力は、


「家族の成員の運命を引き受ける」こと。

そのための、ストレスケアの技術があります。

参加した皆さんの感想は「目からうろこが落ちた!」というものが


多かったようです。気づきは、自己成長のスタートです。

参加していただいた皆様は、知的理解に留まらず、


実践的理解を進めて行って下さい。

ありがとうございました。

⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ