ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ
ストレス関連でベストセラーになっている本です。

バランスセラピー学、ホメオストレッチに関する内容も紹介されています。

(NHK・ためしてガッテンに出演されていましたね)

(早稲田大学、熊野教授)

内容紹介

現代人は子どもから老人まで、ストレスを抱えて生きている。目に見えないストレスは、いつの間にか蓄積し、様々な影響を及ぼす。心と身体がクラッシュする前に、自分を解放してあげよう。カギは、「力まず、避けず、妄想せず」。いつもいっぱいに詰まった頭から、どうしたら自由になれるのか。本書では、ストレスとリラクセーションのメカニズムを知り、生活習慣と心身の深い関係を概観、行動医学、脳科学の知見をもとに、自分でできるストレス・マネジメントの方法を伝授する。

----------------------------------------------------------------------–

ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ

2001年に刊行された書籍です。

写真は2007年版。

「心を癒す技術」とともに、ロングセラーになっています。

(2011.アマゾン,人気図書・カウンセリング心理学2位の実績)

読者感想

この本はカンセリング心理学分野で常に上位ランクされているので購読してみた。これまで、心理学分野の書籍は随分と読んできたが、人間の行動を「心」からではなく、脳身体、身体脳という視点から科学的に変容させようとする理論は、既存の考え方を超え、新しい分野を切り開いている。
また、ストレスやストレス源についての解説や対応法も具体的で実践的である。

最初は、カウンセリングや心理学についての関心で読んでいくが、それらの知識を分かりやすく整理しながら、著者は読者を「自己成長」について導いていることに気がつく。現代社会における心理社会的問題のアプローチ法として、バランスセラピー学という新しい学問の可能性を感じる。カウンセリングに興味あるに限らず、多くの人に推薦したい。


------------------------------------------------------------–


ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ

両方とも専門的な用語が多いので、入門的で分かりやすい

「自分リセット」(永瀬千枝著)をお勧めします。

内容紹介

あれもこれもの「足し算」ではなくこわ張った力を抜く「引き算」で「幸せ」の答えが出る。なにかが足りない、もっとがんばらなくちゃ!仕事、結婚、子育て、自己啓発、カルチャー講座。足せば足すほど、ストレスいっぱいの毎日。ここらで一度、力を抜いてみませんか。

-----------------------------------------------------------------—