違う場所が痛くなる



リラクセーションを行うことで、


以前と違う場所が痛くなるということがありますが、


例えば、『現在』、肩が痛む人だと、


その肩の疲労には、背景となる『過去』があります。


つまり、僧帽筋、肩甲骨の内縁筋、後背筋、三角筋、大胸筋といった


連続した筋肉の疲労緊張があるのです。



リラクセーションを進めていく中で、痛い場所が変化していくのは、


この過去の筋緊張の連続性が解消されているからです。