病気の人を治すと、自分のエネルギーを与えているから疲れるとか、


相手の悪い気がこちらに悪影響を及ぼすということは、


一切ありません。そうとしか思えないというのは、


その人が、自分は偉い、正しいと思って緊張しているからなのです。




そのような認識で、相手に関わるというのは、


相手の方にも申し訳ないことだと思います。


また、その人は、相手に関わることで本当に疲れて具合が


悪くなってしまうかもしれませんが、


それは、病気である相手のせいではなくて、


自分自身の内面の認識を映し出している姿だといえます。



キリスト教の信仰をしている人で、


ちょうどキリストが十字架に杭で打ちつけられたときの


出血を思わせるように、自分の手のひらから出血する人がいますが、


人間の信念の力は様々な現象を起こしてしまうのです。



ですから、ホメオストレッチを行う際には、


相手の悪い気がうつるなどと言った、


誤った認識を持たないようにしてください。


座禅の中興の祖である白隠禅師は、


「悪い気がどこにあるのか。悪い気などない」と言っています。



健康な人も病気の人も何も変わりはないのです。


あるのは、慈悲と報いを求めない許しだけではないでしょうか。


人間は常に救ったり、救われたりということを繰り返している存在です。


私たちは、自分の力を成長させていくには他者が必要です。


他者に関わり、その人を幸せにする力を身につけていくことで、


その力を今度は自分自身を幸せにすることにも使えるのです。



悪い気がうつるといっている人は、強い自我と緊張があり、


けっして、他人と良い関わりを持つことはできないでしょう。



 また、良い関わりとは、相手を、あるがままに感じ、


理解することであり、そして、その相手に関わることで


自分が役に立っているという自覚を持つことです。


これは愛ということになりますが、その中でもっと自分を育て、


成長させていこうということにつながっていくのです。