被災者の皆さんと被災者支援に従事しておられる社会福祉協議会職員の


皆さん80名のホメオストレッチの前後で比較してみますと、


疲労感、不安感は多くの人々で軽減が認められ、


統計学的に有意に改善がみられることがわかりました。


さらに、50名の方については脈波検査を用いた自律神経系バランスに


つきましても調べてみましたところ、交感神経系/副交感神経系


LF/HF)比が平均で3.44と健常者と比較して極めて高く、

相対的な交感神経系の過緊張状態にあることがわかりました。



解析では、LF/HF 比が2を超えている交感神経系過緊張状態に

ある方のほとんどの方で改善がみとめられ、 


統計学的に有意な変化がみられることが確認されました。



2012.1・厚労省疲労研究班班長・倉恒東大特任教授)