頑張ろう! 日本。

福島ストレスケアセミナー


昨年末には、周辺地域が毎時0.9ミリシーベルトあったところを
工場敷地内空間線量を0.3ミリシーベルトまで下げることができた。
さらに0.1未満になるまで諦めずに除染作業を継続していくとの
決意も述べられていました。

こうした経緯の中で、今後の社員の方々のストレス問題や健康問題、

放射能汚染に対する社員のご家族の不安感の軽減や

生活上の安全確保という難しいテーマが浮上してきました。

その問題対策への取り組みとして、

今回のバランスセラピーによるストレス対応セミナー

「触れることは触れられること」が企画されました。

始めて体験したホメオストレッチや全員で取り組んだ

プチホメオの実習など、年明けて回収されたセミナーアンケートには

様々な意見や感想が寄せられました。

そこには、ストレスケア体験の継続を求めるものも

あまり興味がないというものもあり、また、

自分には特に変化がなかったが、家で子供にプチホメオを

やってあげたら子供はよろこんでいた。

などとの感想を述べたもの等々。

やれるところから、やれる人がやる。

今後も継続するBTU社会貢献活動展開にむけての

近況報告でした。



BTUホームページから引用。