私たちは、まだ起きてもいないことを心配して、


そのために膨大な時間をさくことが、習慣になっています。


現実は私たちの思考や理論よりも複雑ですから予測は不可能です。


先の心配をしても、そのとおりにならないので、


大変なエネルギーの無駄使いになります。


まだ起きていないことは心配しないように習慣を変えていきましょう



それよりも、今、出来ることについて、


行動していくことが大切です。


私たちの脳は思考のために使われるのはほんの一部分で、


脳のほとんどは行動するためにありますので、


的確に変化に合わせて行動していけるのです。


知的理解を超えて、実践的理解へ向かいましょう。


そして、自分自身を信じて行動していくための直観を


養って行きましょう!