自分が他人に支えられているという自覚がなくて、


「私は私よ」という孤立した考え方ですすめば、


やがて疲れてしまい、安心と保護を得たいという本能的な欲求が満たされずに、


理由の無い不安や心配に脅かされるようになります。



人との関わりの中で、依存関係でなく、上手に甘えられる人は、


安心と保護を良く受け取ることのできる人です。


人から優しくしてもらうと、やる気や元気が出ますが、


私たちは、自分が支えられているということを自覚できれば、


勇気を持って、力強く生きていくことが出来ます。



安心と保護を感じる人は大きな勇気を持ち合わせることができます。


だから、人は人の役にたっているという社会的欲求を持たす


目標を持つことが必要なのです。