細胞分裂の過程で、脳になる細胞と皮膚になる細胞は、


同じ細胞から分かれます。



だから、皮膚は脳の出先機関であると言えます。



人間は、寂しいときには、誰かにそばにいて欲しいと思いますし、


ペットを飼って、触れることで優しい感覚を得ようとしたり、


毛布や枕など柔らかいものを抱きしめたりします。




それも出来ないときには、自分の膝を抱えたり、


自分で自分を触ったりしているのです。



皮膚は柔らかい光や、優しい感覚を求めています。


生命には、集団欲という本能的な欲求がありますから、


皮膚を怒らせるとやっかいです。




触れることは、触れられること、


そして、それは自己存在の確認でもあるのです。