アメリカで成功法の研修として結果を出したセミナーがあります。


それはうまく睡眠に入る方法を教えたものでした。




成功するための具体的なハウツーを学んだり、


イメージで「よくなる。よくなる。」といい聞かせたりする方法よりも、


よく眠れる方法を身につけた人のほうが、はるかに成功したことに注目!




脳神経は、意識面で使われているのは、ほんのわずかで、


無意識とも言える身体のコントロールに9割以上が向かっています。


脳の活性化を考えるときに身体をうまく休めるというのは


科学的な方法であるといえます。





具体的には、まず、睡眠3時間前から食べません。




寝る前に食べると内臓がフル活動して、疲労しますし、



さらに内臓は自律神経でコントロールしていますので、



脳幹の疲労も取れません。内臓に負担をかけるのは、



まず、アルコール、それから消化に時間がかかる高蛋白、



高脂肪の食事です。くたくたに疲れているときには、



夕食には何も食べないか、よほど消化のいいものを取ることにすれば、


朝起きたとき、かなり楽になっています。



テレビは、脳を非常に興奮させますので、テレビを消してすぐに寝ないで、


30分間、脳を休ませる時間をとりましょう。



就寝時には楽しいことを考え、旅行のパンフや楽しい写真、


自分のコレクションなどをながめるなどして、


難しい本を読んだりしないようにします。


さらに安らぎのコースを行ってから、部屋を真っ暗にして、


静かな状態で睡眠に入ります。


暗いのが怖くて電灯をつけないと眠れないという人がいますが、


よいことではありません。



我々にはサーカディアンリズムという体内時計が備わっていて


本来25時間周期のものを調整して睡眠のリズムをつくっていますが、



これが、明るいところで寝ると狂いやすく、朝起きられないとか、


昼間でも眠いという原因になっています。


都会のネオン街に住んでいる人に自律神経失調症が多いと言う


データーがありますし、自律神経失調症を治すために、


暗室で休ませるという治療法があるくらい


夜、暗い自然の状態でやすむことは大切なのです。

困ったときには、作為や意図を捨て、自然な脳の働きを信じてみませんか?