人から聞いたことは、自分のものではないので、


実際に自分の目で見ること。


百見は一考にしかず。


いくら見てもきちんと考えないといけない。


百考は一行にしかず。


いくら考えても、行動しないとなにもならない。



問題を自分自身の問題として引き受けたら、



事柄の根本、問題の本質に立ち返って、



自分の頭を使い自分の知性を働かせて、



根底からじっくり考えること。


そして、考えたことを自分自身の成長に役立たせること。