妄想は緊張を生み出します。

妄想しないためには、時間的な展望をしっかり持つことが秘訣。





少年院の授業とホメオストレッチです。

授業では、「願望と目標の違い」を学びます。

願望は、「なんとなく、できたらいいなぁ、でもめんどくさいので・・・」とか、

「いつか、成功してやる、いつか、世界旅行に行くぞ!”」など、勢いは

あるのですが、実現性に乏しいのが現実です。

そこで、願望を目標に変容させようというわけで、

プログラムに沿って進めていきます。

まず、実際に頭の中にある「願望」を整理します。

そして、整理した願望に、実現したい日を書き込み、

それを早い順に並べていきます。

そこで、気づくことがひとつ。

あれ? どれも短い期間では無理だね。

そして、ふたつ目の気づき。

あれ? これって、無計画だね?

最後に、三つ目の気づきです。

けっきょく、自分は何がしたいのか分かっていないんだ!

そうです。

目標作りは、この自分自身のアセスメントが不可欠です。

少年院では、願望から目標への変容を

取り組んでいます。

自分と誰かのために。