IQや飲酒癖・家族との関係など、あらゆる要素から心理学、人類学、身体的な人間の特性など幅広い分野を調査しているのが、ハーバード大学の75年にわたる研究「Grant Study 」です。


ハーバード大学に在学した268人の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うことで、戦争、仕事、結婚や離婚、育児、老後といった彼らの人生を追跡調査したもので、2009年にThe Atlantic がこの調査をまとめているのですが、研究者によって新たに「何が人を幸せにするか?」ということが明らかにされました。


そして、この結果は、BTUの生涯教育の重要性を再確認することになります。


続く・・・