自己批判をするとき、あるいは他者を批判するときは、


自分自身が傷ついているとき、自己評価や自尊意識が


低下しているときである。


自己評価が高く、自尊意識が高いとき、


つまり、本当の意味でのプライドが高い人は


決して他人の悪口を言ったりしないものである。


自分自身の評価が高いので、


他者に対しても同じように高い評価を与えることが出来るからである。