オススメの一冊は、「哲学の創造」。


現代文明を超える新たなステージについて、哲学の巨人、梅原猛とノーベル化学賞受賞者の福井謙一の対話です。


一般に哲学者は科学者を嫌いますが、アインシュタインを日本へ呼び寄せたのは明治の哲学者、西田幾多郎でした。


その時代は哲学が科学に関心を持っていたといえます。


近年になればなるほど、文学的要素と科学的精神は分裂していきますが、対話の中で二人は、両者に不可欠なものとして「直感」を重要視しています。


つまり、論理的に導かれないものに向かって突進していくのが創造たるベクトルなのです。


だから、科学者は「どうしてあなたはこういう選択をしたか」ということを訪ねられても、答えられない場合が非常に多いのです。


そして、梅原は「行為的直感」の重要性を説き、福井は「自然である」ことが本物になれる条件だと語りかけます。




哲学の創造(PHP研究所)

梅原猛・福井謙一