カウンセリングで大切なことは共感することです。共感の意味は、自分は体験していないけど、あたかも相手と同じ気持ちになったように理解することです。




例えば、相談者も人間関係に悩んでいて、カウンセラー側も悩んでいるとする。だから、カウンセラーは相談者の気持ちに共感できるとはなりません。



これは、ある意味で同じ境遇、同感です。共感とは、同感の「辛いね」ではなく、「辛いのでしょうね」となります。つまり、自分の経験ではなくとも、心から相手の内的感情の辛さに触れることを共感というのです。