人はそれぞれの人がそれぞれの考えを持ち合わせていますが、自分以外の人のことが本当に分かるとは考え難いことです。出来るだけ分かろうとすることは可能ですが、人を完全に理解することは現実的ではありません。




 カウンセリングで大切なことは、相手を相手に立場に立って理解することです。しかし、どうしても分からないことが出てきます。



その時、分からないことを、わかったつもりでカウンセリングを進めるとカウンセラーの誤解や焦りになります。


重要なのは、わからないこととわかっていることを明快にしておくことです。そうでなければ、共感性を高めることはできません。