茶室で一服。


後ろは万法一帰の軸。 すべてのものは初めに戻るの意。


⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ 


お茶の世界で言う「わび」とは、


「最初に戻ること」という意味であり、


「ありのままの自分に戻ること」である。




そして、「さび」とは自分らしいという意味で


「最も自然な状態」のことである。




「わび・さび」は過去を捨てて,今日に生きるという意味を伝えている。


「わび・さび」の静寂や澄み切った空気、そこにある集中は、


今日を懸命に生きるということであり、


それは真の「リラクセーション」に通じる。