新年、あけましておめでとうございます。


2012年は感性を引き出し、伸ばし、発展させていく


1年にしていきたいと思います。



科学が対象としてとらえているものは、


五感で感じることができるもの、


つまり、目で見たり、耳で聞いたり、


実際に触れたりすることができる物質的なものです。


しかし、その物質的なものを生み出した原因的な


エネルギーは感性なのです。



感性というものは、物質的なものではありません。


目に見えない、触れることのできない、


五感で解らないもの、


たとえば、愛や勇気、安心など、


それから恐怖、心配、不安など、


そういう感受性をもってしか自覚できないものが


私たちの世界をつくっています。




 さらに、この「感性」をつくっているものは何かというと、


「心」ということになりますが、


その心を構成しているものが「言葉」なのです。

 



 言葉とは「音連れ」です。


音が連なっているのが言葉です。


これは、来訪するという意味の「訪れ」に通じます。


つまり、言葉を発することによって、


そのことが現実や現象になって訪れるのです。




聖書にも、「はじめに言葉ありき」とあります。


私たちは、知らない間に自分で言葉を発し、


そのことによって生まれた感性が、


私たちの体験に結びついているのです。



2012年を素晴らしい完成とともに、


素晴らしい体験の年に創造していきましょう!!