少年院の授業納め。

少年院面接委員の委嘱を受けたのが、平成11年なので

来年は13年目。

少年たちへのHS、目標設定の講義も

磨きをかけていかねばなりません。

自分自身の目標を自分自身で考え、

そして、それに基づいて行動すること、

それが自己決定であり、

自分自身の人生を生きるということ!

でも、せっかく決めた目標が、そのとおりにならない。

その時、どうする?

ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ

その時こそ、自分自身をさらに成長させる「時」なのです。

でも、成長とはどんな意味?

それは、何かに「なる」ということ。

「なる」とは、なるための要素を引きだし、伸ばし、発展させることです。

人間は、楽をしたいと思った時から、苦が始まるのです。

苦楽を共にする。一即他ということですね。