吉田兼好、本名は卜部兼好(うらべかねよし)が生まれたのは、

弘安6年、1283年ごろといわれている。

あの元寇に始まり、南北朝の対立、健武中興(天皇みずから行う政治)、

足利尊氏が京へ攻めのぼり、戦乱に明け暮れた時代である。

このような時代に兼好は超然と生きた。

ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ

今朝、隣の家の屋根に大きな鷺が・・・。

兼好は、ストレスに満ちた騒がしい、南北朝から戦国時代の


世情を蜂・蟻のごときと批判する。 


「蜂、蟻のごとく集まりて、東西に急ぎ、南北に走る。


高きあり、賤しきあり、老いたるあり、若きあり、


行く所あり、帰る家あり。夕に寝て、朝に起く。


いとなむ所何事ぞや、生をむさぼり、利を求めて止むときなし」

そして次のような意味の言葉を残している。

ひたすら忙しく生きて人生のなんたるかを忘れたり、

たた長寿だけを願って死を恐れ悲しむ人は、実に愚かである。

人生を全体としてながめることをしないで、いかに生きたらいいかについて、

何の思慮もめぐらせない。落ち着いて考えるゆとりがない。

考え、感じ、愉しむことのゆとりが大切である・・・と。

兼好といえば、徒然草である。

その冒頭でに次のくだりがある。

人間として生まれて、こうなりたいと願うことはたくさんある。

しかし、一番願わしいことは、「なまめかしくある」ということだ・・・。

なまめかしいとは、奥ゆかしいという意味と考えていいだろう。

なまめかしさは人生の美学でもある。

兼好はこの美学を持って自己教育した人である。

彼は愚かな人を「名誉に使われて、落ち着きがなく、無遠慮で、

口が軽く、自分を偉く見せ、自己顕示欲が強く、静かに過ごすことが出来ず、

一生を苦しんでいる」と説いている。

また、良き人とは、教養を身につけたいという向上心を持っている人で、

その身に付けた教養が「なまめかしく」外に現れている人であるという。

花を美しいと感じるのは、花はやがて咲くから美しく、やがて散るから美しい。

すべてのことは、はじめとおわりこそが趣が深い。

つまり、ものごとをつねに全体として眺めることができる人間を

「教養のある人である」ということを述べている。