言葉とは「音連れ」です。

音が連なっているのが言葉です。


これは、来訪するという意味の「訪れ」に通じます。

つまり、言葉を発することによって、

そのことが現実や現象になって訪れるのです。


聖書にも、「はじめに言葉ありき」とあります。

私たちは、知らない間に自分で言葉を発し、

そのことによって生まれた感性が、私たちの体験に結びついているのです。


心の成分は「ことば」です。