幼児の夢は、ケーキ屋さん、花屋さん、お父さんのお嫁さん…、

小学生になってくると、宇宙飛行士、総理大臣…でした。





いつの日からか、その夢は、大企業に勤めることや

公務員、今では、正社員という地位を目指しているそうです。



どこの国の話でしょうか?





少年が大志を抱けるように、

大人よ大志を抱け!!



さて・・・



まず、「触れる」ことに関する数少ない研究をふり返ってみます。



1248年ドイツのフレデリック2世が、触れたり話しかけたりすることをまったくしないで赤ちゃんを育てるとどうなるかという実験をしたところ、50人全員が1歳の誕生日を迎えることなく亡くなったという記録(サリンベーン.歴史家)があります。



近年ではマイアミ大学のティファニー・フィールドが第九回小児科会議において触れる実験を行なった結果、受けた群は、受けなかった群に比べて体重の増加が著しく、増加率は受けなかった群より31%も高かったという発表をしています。他の効果としては、情緒の安定、睡眠の増加、無呼吸発作の減少、入院期間の短縮などが報告されています。




さらに、クラウスとケンネルの研究によると、出生直後に赤ちゃんを母親に抱かせるグループと、離してしまうグループに分けて研究しました。出生直後の母子の接触は、その後の小児の発育に重要な影響を与えます。


すなわち、出生直後、新生児を母に接触させ「触れ合い」をさせると、これらの母子相互作用を欠如させた新生児より、その後の「体重増加」・「おしゃべりの開始」・「言葉の豊富さ」が2歳の誕生日の時点で明らかに有意差がありました。