小雨模様の東長寺の桜です。

わずか2本の桜ですが、見事としか言い様がありません。

境内の結婚式の写真撮影も桜とよく似合っていました。

さて、このブログも6回目の春を迎えました。

未来の6年は長く感じますが、過ぎ去った6年はアッという間です。

2000日以上の積み重ねが6年だとすれば、

その最初の積み木は今日という日になります。

6年後は、今日と統一的に連続していて、

「一即他」の世界を構築していることになります。

未来への発展的予見は、今日を快適にする材料であり、

未来の喪失や失望は、今日を台無しにてしまいます。

今日を生きるという意味は、未来を生きることに他なりません。

創造と自己統合(基礎Ⅱ)は、統一的であり、連続的です。