あっ! と言う間に12月になった感じです。


年齢と共に、時間が過ぎるのが早くなっているような気がします。


ジャネーの法則に、


「生涯のある時期における時間の心理的長さは、


年齢の逆数に比例する」という心理学的な考えがあります。

具体的にいえば、50歳の人間にとって1年の長さは、

人生の50分の1ほどですが、5歳の人間にとっては5分の1に相当。

よって、50歳の人間にとっての10日間は、

5歳の人間にとっての1日に当たることになります。

皆さんは、いかがですか。

私の場合は、当たっていますね・・・。