すっかり涼しくなりました。

少年の目標。

整備士の資格、危険物取扱資格を取得して、

関連する会社へ就職すること。

確かに、進路指導ではこのような方向性を示します。

しかし、自利他利(幸福)を自覚的に生きるためには、

仕事を通じて、自分自身を磨いていくことが必要です。

したがって、若いころの仕事は、そこが自分にあっているかということより、

ひたすら、努めてみるということが大切ではないかと考えます。

先がどうとか、合うとか合わないとか考えをめぐらすのではなく、

置かれている「場」で、その立場に専念することを身につけていく。

今の場所で輝かなければ、時間的な展望(過去・現在・未来)が成長しません。

身体がしんどいトレーニングで強化されるように、

精神は、精神的労働によって強化されていきます。

楽を選べば、楽ならず。

今を愛しましょう!

⇒ ストレス学のエッセンス@美野田啓二   バランスセラピー学のすすめ