徒然にお盆と関連した書籍を紹介してきました。

さて、今日のオススメの1冊は、

「脳の話」 時実 利彦 著  岩波新書。


初版は1962年。今の脳ブームの先駆けとなった本です。


人間とは何か、脳と精神性との関連をわかりやすく解説している名著です。


特に、人間を操る脳(220P~225P)の節は、読者の脳に対する関心をより一層、


高めていくことになるでしょう。


BTUの学生も是非、読んでみてください!