ストレスケア・カウンセリングは、これを専門とするプロの人だけものでなく、看護師や保健師、教師など人と密接に関わる仕事に従事している人たちが、それぞれの仕事の中にストレスケア・カウンセリングの原理や技法を活用しています。


職業やそれぞれの人の背景は様々ですが、ストレスケア・カウンセリングの基本となる知識や技術を常に最高のレベルに維持することは、どのような仕事の中でも資格取得後の課題になります。


また、資格を家族や知人以外にも積極的に活用していきたい、あるいは、活動の場をどうして作ればよいのかなど考えている人は、認定ストレスケア・トレーナー養成科で、活動に必要な課題を実践的に学ぶことができます。


ただし、入学試験がありますので、普段からの学習を真面目に取り組んでおく必要があります。