リスク管理の欠点は、常に人間の願望の範囲内で行われることです。



「大変だ」という意味は、想定外ということになります。

また、楽観的な人間にとって、最悪の事態を考えることは、

そう簡単ではありません。



だからといって、リスクマネジメントが無駄だというつもりはありません。

人間の知性は「分析」することが重要になっていて、

常に、AとBを対立関係に置いて思考します。



つまり、心は「分別、識別」を絶え間なく行っているのです。

したがって、Aと考えていたことがBになれば、

Bを否定し、怒りをあらわにします。



そして、Bに対して否定し、Bを変えようとします。

まったく、心より「忙しい」ものは他に類がありません。

人間が予期する不安や心配も時間的展望(過去・現在。未来)

を「分離」した結果です。




私たちの知性(新皮質)は、「危機」に直面した場合、

迅速かつ正確にそれに対応することができません。

確かに、その対象が「なんであるか」という分析は行いますが、

それがもたらす危機を回避する行動は出来ないのです。



「釈尊」の興味深い話があります。

ある男が道を歩いていると、

突然、どこからか矢が飛んできて、その男に刺さった。

男は、その矢がどこから飛んできたのか、なぜ、自分に

刺さったのか・・・と考えている間に死んでしまった。



釈尊は話をこう続けます。

「矢が刺されば、速やかに抜きなさい」



私たちは、この男のように、いつまでも刺さった矢を

「なぜ」「どうして」と考えているのです。

この刺さった矢を「抜きとる」のは、知性ではなく、

直観的行動です。

そして、この直観は「脳幹」が生み出していることを

忘れてはなりません。


キュブラーロスの受容までのプロセス

否認怒り取り引き抑うつ受容

死にゆく患者の心理的プロセス
死の受容過程

今日は昨日したことに、明日は今日することによって左右される。

今日一日自分を愛したか。

花を敬い花に感謝したか。

小鳥をいつくしんだか。

喜びをもって山を見上げ、畏怖を感じたか。

涙の河のなかで、時間を友にするのだ 


「脳幹」の可能性を引き続き考えていきます。