2019年6月8日(土曜日)・9日(日曜日)に福岡市で
G20財務大臣・中央銀行総裁会議が日本で初めて開催されます。
G20は、国際金融システム上重要な国々が、
主要な国際経済問題について議論し、
世界経済の安定的かつ持続可能な成長の達成に
向けて協力することを目的とした会議です。
参加国は、G7(日本・カナダ・フランス・ドイツ・イタリア・イギリス・アメリカ)、
アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、
メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、
その他招待国の各国財務大臣、財務大臣代理、中央銀行総裁と
EU議長国財務大臣と欧州中央銀行(ECB)総裁のほか、
国際通貨基金(IMF)や世界銀行等の国際金融機関の代表です。

BTUも令和になって初めての合同研修が8.9日に福岡市で開催されます。
偶然とはいえ、歴史的なG20が同じ福岡市、日程で開催されるのは、
BTUにとって令和のスタートにふさわしく、インスパイアされます。