2007年に35度以上を猛暑日と名づけられました。

しかし、それも束の間、ついに観測史上初の40度を超え、

新たな呼び名が必要になってきています。

 

ニュースなどでは、「命に関わる温度」、「高温災害」

などと伝えています。

熱中症で病院に運ばれる人も後を絶ちません。

 

かつて経験したことがない高温環境の中で、

自律神経も興奮が続き、疲弊していきます。

 

高温が続くことで、気分の落ち込み、不安感、不眠などの

ストレス反応につながります。

 

日ごろから脳幹部のケアをお忘れなく!