ストレスケアは教育モデルになります。

環境要因を変えることに関しては、

助言はできても、引越しや配置転換、

転校など学校や職場、保護者等の周囲の協力や理解、

ソーシャルサポートが不可欠になります。

そして、個人要因は、治療的な目的ではなく、

個人の成長に視点を置き、

対象者にストレスケアの知識や技術を伝え、

自分自身の成長によってストレッサーを

コントロールしていくことを目的にしています。

 

ここでホメオストレッチの役割について確認しておきます。

ホメオストレッチは対象者の行動変容のための活力を引き出し、

発展させるために実施します。そのことにより、

自己受容力を高め、普段の考えを悩みや不安なことに

占領させるのではなく、自尊意識を高め、

自分自身がイキイキと自己実現へ向かって

進んでいくことを目指して行きます。