首相官邸に人生100年時代を見据えた

経済・社会システムを実現するための

政策のグランドデザインに係る検討を行うため、

「人生100年時代構想会議」が設置された。

その会議に有識者としても招かれた

リンダ・グラットン

ロンドン・ビジネススクール教授の

著書「ライフシフト」で次の要点を述べている。

 

長寿社会では3つの無形資産を持つことが強みとなる。

  1. 生涯学習により価値あるスキルを身につける
  2. 活力の維持。
  3. 変身する力。
  4. そして、この3つを実現するためには
  5. まず個人として自分と向き合うことが大切。

バランスセラピー学を「ライフシフト」

「生涯現役」という視点から

再確認してみよう。