初回面談(インテーク)では、

カウンセリングに必要な情報と会話によって

得られる情報の収集を行い、

カウンセラーと相談者の合意によって

カウンセリングを開始する。

(あるいはカウンセリングを行なわない)

また、面接には、心理質問票、

アローバランスグラフも含まれる。

カウンセラーが単独で相談に乗って

改善効果を上げられるケースなのか、

カウンセラー以外の医師・教師・行政関係者の

支援が必要なケースなのかの

「見立て」も重要になってくる。

ホメオストレッチシンドロームを防ぐためにも

初回面談は大切である。

面接によって相談者の悩みや相談内容を把握して、

ストレスケアカウンセリングが可能か否かの判断をし、

可能な場合にはカウンセリングの方針を決め、

プランニングを行なう。

また、相談者はこの人に相談しても

大丈夫なのか判断する機会でもある。