・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プチプチ有朋会@b-ANNEX三軒茶屋

2018年6月~8月のご報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

三軒茶屋での有朋会活動がスタートし、早くも3回目を終了いたしました。

参加して下さった方は、

「気づき」という新たな刺激、あるいは

「つながり」という温かな勇気、そして、

「リセット」という自分を見直す機会を、持ち帰っていただけたのではないかと感じています。

 

★6月20日(水)ゲスト:鈴木絢士先生 参加者:6名

「信頼関係を構築する対話法 ~質問する力、その秘めたる可能性とは~」

 

「初回面談での信頼関係があってこそ、ホメオストレッチも効果が発揮されるんです。」

スズケン、最初からボディーブロー、痛いところついてきました!

カウンセラーには、自分なりに身に着けてしまった「メンタルモデル(反応パターン)」があります。

まずは「自分のパターン」を知って、自分の反応の癖に注意深くなること。

つぎに「相手のパターン」を知って、相手が使っている言葉で質問・対話すること。

それが相手の共感を生み、信頼関係の構築へと繋がる、という

新しい視点をご紹介くださいました。

参考文献*に掲載されているチェック表で、参加者も自分のパターンを調べてみると、

「自分って意外にこんなタイプだった!」という声が続出しました!

*参考文献 J.R.ストーカー「クリティカル・トーキング」

 

■参加者Aさん「自分のパターンは、意外なことに”アイディアを提示するのが好きな

構築者タイプ”でした。無意識では気づかなかったけれど、カウンセリングでも、

つい提案しがちだったかも…。」

 

 

★7月18日(水)ゲスト:森昭子さん 参加者:3名

「子どもの障がいをチャレンジドに変換する鍵は?」

森さんがBTUとの出会いにより、長女さんの発達障害を受容されていかれたこと、

ご自身もまた、ホメオストレッチを通して変化し成長されていったプロセスについては、

BTUの新刊*にもご紹介されていますが、

森さんのオープンかつフランクなお人柄もあって、いっそう深く、お話を伺うことが出来ました。

ホメオストレッチは、ケアを行う母親自身を落ち着かせる効果があるだけでなく、

ケアを受けている長女さんの発作回数が減少するなどの効果も見られたとのことです。

長女さんの通学している特別支援学校で、森さんが行った「ストレスケア授業」の

再現もしてくださり、参加者は生徒になったつもりで受け答えして、盛り上がりました!

絵本の読み聞かせでは、アナウンサーとして鍛えられた森さんの美声にうっとり。

自らを「起き上がり小法師」と呼ぶ森さんの、小柄なお身体に秘められたエネルギーと、

豊かな表現力をシェアさせていただいたひとときでした。

 

*松下美樹 「発達障害をもつ我が子たちが教えてくれたこと」(P127~森昭子さんが紹介されています)

 

■参加者Bさん「練習会を含め6時間!あっという間で、女子会のノリで楽しかったです!」

 

 

★8月5日(日)ゲスト:渡邉善夫さん 参加者:6名

「信頼関係が深まるストレスタイプチェック表とMOOD質問票の使い方」

猛暑に勝る”情熱のカウンセラー”渡邉さん。

ご自分のカウンセリングで、これらのチェック表*を多いに活用されているとのこと。

「なぜみなさん使っていないの? もう絶対使ってほしいな~!!」(笑)

実例を踏まえながら、どのように使用されているかを具体的にお話していただきました。

AGの変化に加えて、チェック表を併用すると、相談者が自己の変化を自覚しやすくなるとのこと。

ケア4~5回後に再チェックをしてみると、よくも悪くも、明らかに数値が変わるそうです。

数値が悪い方へと傾いた方へは、

「やっと閉じ込めていたひずみが外に出てきたね!おめでとう!

これからぐっとストレス指数が下がりますよ!」などと熱く勇気づけをされるとか。

実際に参加者も、午前中の練習会の前後にタイプチェック表・MOODの両方に記入してみたら、

わずか2時間の技術練習(リラクセーション)でも変化が生じることが体験出来ました。

*参考資料:心と体でわかるストレスタイプの見分け方(JASCA、2018)

 

■参加者Cさん「友人へのカウンセリングって難しいと感じていたので、

今度タイプチェック表を使ってみます。進捗するきっかけになりそうです。」

 

———————————————————————————————-

東京・三軒茶屋のb-ANNEXでは、下記の日程でプチプチ有朋会を開催しております。

BTU卒業生や一般の方のためのストレスケアを中心に、

卒業生同士の交流やストレスケア関連の企画の発信など、

主に東京地区の学生をつなぐ活動をしています。

 

是非とも、b-ANNEXへお越しください。

ご予約・問合せは専用メールアドレス bt.annex@gmail.com

スケジュール表はこちら