皆様こんにちはsign03 大変ご無沙汰しておりまして申し訳ありませんtyphoon

今台風がぐんぐんと近づいていますので、お気をつけくださいませ。

さて、5月14日に福岡本校で行われました初めての試み

第1回卒業生の活動発表会の模様をお届けしますflairhappy01

P5140534.JPG

専門課程を卒業後、認定を取得後、積極的に活動されている卒業生5名の方へ事前に依頼をし、活動発表を快く引き受けてくださりました。

シリーズで5名のレポートをお届けしますkaraoke

まずはお一人目佐世保教室所属の認定SCT三輪さんのレポートです

P5140575.JPG

バランスセラピーとの出会いは、一冊の本との出会いでした

「出会いは1998年の時です。当時、長崎県平戸市で小学校の臨時教員をしていた私は、子供たちの様子がなんとなく変わってきていると思っていました。たまたま本屋めぐりをしている時に、美野田代表の「心を癒す技術」が目に留まり、本が「買って!買って!」と私に言っているかのように見えたのです(笑)。その時12、13冊本を買ったのですが、家に帰って一番に「心を癒す技術」を一気に読みました。子供たちに何かをしてあげたい、という想いはありましたが、これからスクールカウンセラーの資格を取ることになると、大学に行ったりして年数も相当かかります。美野田代表の本を読んでバランスセラピーを勉強した方が近道では?と考えた私は、本の最後のページに掲載していた教室連絡先を見て、平戸から近い現在の佐世保教室の横山先生のところへお電話しました。「いらっしゃい!」という横山先生の元気な声に安心し、すぐに教室に伺いました。

その時教室ではちょうど基礎課程Ⅱの授業をしていました。「あなたも受けていきなさい!」と横山先生に言われ、何もわからず…受けました。そして私はとても素敵な横山先生の元で、基礎課程Ⅰ~基礎課程Ⅱを勉強し、福岡本校で専門課程を学びました。専門課程は夜間部に在籍し、平戸から毎週車で4時間、往復8時間通いました。良導を受ける間もなく本当に忙しく、きつい…毎日でしたが楽しい一年間でした。」

2000年 専門課程卒業、家族との別れ、研究員としての新たな出発

「1999年秋に無事専門課程を卒業しました。しかし、まだ勉強が足りていない、もう少し授業を受けたい!という想いを本校へ伝え、聴講生としてまた授業を受けることが決定しました。しかし、ちょうどその時に父が他界し、いろいろと家のごたごたもありました。そしてバランスセラピー平戸研究室が開設することになり、専門課程しか卒業していない私が研究員として入ることになったのです!最初はこんな私で大丈夫かな…?と不安な気持ちでいっぱいでしたが、決心して小学校の臨時教員を辞め、バランスセラピー平戸研究室の研究員としてできる限りつとめさせていただきました。横山先生に背中を押され、とてもいい経験をさせて頂いた平戸研究所でした。」

2004年 自宅で開設~2008年ホメオストレッチグランプリ受賞

「平戸研究室が閉鎖されたあと、私は自宅で良導ができるように部屋を開設しました。平戸というと人口より、猪の数が多い??という位田舎なんです。そこで開設して本当にお客様はくるだろうか…?と悩んだときもありましたが月に30~50人の方にお越しいただくようになりました。

2008年には、佐世保教室の代表に選ばれ、ホメオストレッチ全国大会へ出場することが出来ました。それまでは、毎日教室でしごかれ、涙を流し…教室に行くのも辛い日々でしたが、おかげさまで日本一という大変素晴らしい賞をいただくことができました。」

2009年 デンマークの子供たちに気づかされました



P5140573.JPG


 
「ホメストレッチグランプリ副賞で2009年2月にデンマーク研修に行くことができました。そこで、デンマークの子供たちの目を見たときにはっと気づか
 

されたんです。「何かをしなければ…、何のために?そうだ子供たちのために!」そして10年ぶりに小学校の臨時の教員をすることになりました。この10年の間に子供たちもまた変わってきていました。先生方、保護者の方にも、もっとBTUの必要性を強く感じました。




今後の展望


良導を受けた方が、「こんなに体が軽くなるんだねー」っておっしゃってくれたり、良導後、安らかに休まれていたりする姿を見るととても幸せな気持ちになります。当時は「私なんか…」という気持ちでしたが、あの日出会った美野田代表の「心を癒す技術」の本が私を助けてくれました。本当に感謝しています。

「子供たちにホメオストレッチをしたい」という想いはあります。しかし担任は持っていないので直接子供たちと触れ合う時間も長くはありません。そんな想いが通じて昨年、平戸のPTAからのご依頼によりストレスケアの講演を行うことが実現しました。まだBTUのことを知らない人がたくさんいます。これから、少しでも自分ができることから始めて、BTUをストレスケアについてもっと広めていきたいと思います。」

とってもお話が上手な三輪さん!本当にありがとうございました。次回のブログはお二人目の発表者をご紹介しますribbon


P5140567.JPG