「信じる力」自分リセット001.jpgのサムネール画像

 

BTU久留米・大阪所長の永瀬です。

 

「歴女」という言葉が昨年広まりました。

NHKの「龍馬伝」をはじめ、映画も時代物が多く上映されました。

経営者が好んで読むのも歴史物が多いようです。

 

 

 

018-rekishi.jpg私もお正月に韓国の歴史をテーマにした

韓流ドラマを観たのですが、

これが非常に面白かったのです。

 

「民」を戦乱から解放して安定した生活をさせたいという主人公の夢が、多くの人々の心を突き動かしてそれを実現していくというストーリーなのですが、

その中で一つのテーマが「信じる」というものでした。

 

 

 

 幼い頃に母親に捨てられ、その後自分を育ててくれた師匠にも存在を認めてもらえなかった準主役は女性を愛しても「ここぞ」という時にその女性を信じられず、夢果たせずに結局死んでいくのですが、「信じ続ける」ことが如何に難しいかを考えさせられます。

 

 

1-0440.jpg 過去の裏切られた・捨てられたというような思いが傷となって、新しい関わりを築けない、信じられないというのはまさしく魔女の法則です。 

 「今度こそは」と意識は考えても無意識や過去の緊張が邪魔をしているのですね。

 

 夢を実現させる法則は「具体的な目標に変える」(これは前回にお話しましたね)

そして「信じ続ける力」を身に付けることです。 

 信じることができれば、継続する力も自然とそなわってきます。

 

バランスセラピー学は「信じる力」をしっかり養うことができる学問です。

 

 

「リラクゼーションは正しくはリラクセーションです」