ある社労士の人から相談。

「中小、零細企業の労働条件は厳しく、
雇用制度も不安定、修業規則は建前で、毎日
サービス残業、人員が削減され、一人当たりの
負担は増すばかり・・・」

確かに、大企業のような「メンタルヘルス対策」は
遅れていて、社長自身が一代で築き上げた会社では、
無理が当たり前となっているケースが多く見られます。

私も以前、ある会社の人事担当から、
「うつ病などにならない人を見分ける方法は
ありますか?」と聞かれたことがあります。

時代も成長期を過ぎ、生き残りをかけた厳しい競争原理が
背景にあります。

このような中で、確実に言えることがあります。
それは、健康管理を会社や医療任せにしないで、
自分自身でコントロールすることです。

健康問題は、個人の自己実現的資源であり、
自己管理を選択すべき時代にきていると思います。

暗いことばかり、考えないで、まずは、一人でも
いいから、始めて行きましょう!

ストレスケア(自己成長)を。